イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

MENU

イビサクリームは何故黒ずみに効くの?美白に効果的な成分って何?

『これが効く!イビサクリームの美白成分』

 

イビサクリームはブラジリアンワックスの脱毛サロンが開発した、デリケートゾーン用の黒ずみケアクリーム。

 

とはいえ、デリケートゾーンに限らず全身に使えるオールマイティーな美白クリームでもあります。

 

では、イビサクリームは何故黒ずみや色素沈着、シミやくすみに効果があるのでしょうか?

 

イビサクリームの美白効果の要は2つの成分。

 

トラネキサム酸

イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

ひとつめは「トラネキサム酸」

 

トラネキサム酸は、止血作用や抗炎症作用があることで有名。

 

歯磨き粉に入っている成分として記憶されている方も多いのではないでしょうか?

 

歯磨き粉と美白?と思われるかもしれませんが、トラネキサム酸の効果はこれだけではありません。

 

シミや色素沈着を改善させる効果も併せ持っているんです。

 

黒ずみ対策としてはこちらの方が重要ですね。

 

トラネキサム酸は、皮膚科でシミや色素沈着を改善させるために処方されることも多いですし、定評のある美白化粧品にも含まれている成分。

 

シミ・黒ずみ・色素沈着・美白。といった分野で、トラネキサム酸は欠かすことのできない重要な成分です。

 

グリチルリチン酸2K

イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

ふたつめは「グリチルリチン酸2K」。

 

こちらは漢方薬によく用いられる甘草の成分です。

 

グリチルリチン酸2Kは、水に溶けやすく化粧品に配合しやすく改良されたもの。

 

グリチルリチン酸2Kの効能は、抗炎症作用や抗アレルギー効果です。

 

肌の健康状態に悩みがある、敏感肌やニキビ肌、肌荒れの改善に役立ってくれる成分ですね。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、外的な刺激によるものも多いので、乾燥やかゆみを伴うことも珍しくありません。

 

グリチルリチン酸2Kは、そういった肌トラブルを予防して滑らかに整えてくれる成分です。

 

 

美白をサポートする4種の植物成分

 

イビサクリームには主成分となるトラネキサム酸・グリチルリチン酸2Kの他に、4つの植物成分が配合されています。

 

・サクラ葉抽出エキス
イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

・カモミラエキス
イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

・ダイズエキス
イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

・オウゴンエキス
イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

これら4つの植物成分が、主成分の効果を底上げしてくれるので、より効果的な美白効果を期待できるということ。

 

天然由来の成分ということも安心できるポイントになっていますよね。

 

 

美肌ケアもバッチリ!

 

イビサクリームは、美白だけではなく美肌ケアとしての効果も高いクリームです。

 

・8つのうるおい成分のスキンケア効果。
イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

・デリケートな肌にも使える5つの無添加
イビサクリームの黒ずみに効く美白効果成分

 

デリケートゾーンは他の皮膚よりも薄く柔らかく、刺激に弱い部分です。

 

下着の刺激やムダ毛の自己処理が原因で黒ずみが悪化してしまったという方も多いでしょう。

 

黒ずみやくすみはもちろんのこと、角質化や乾燥に悩んでいる方も少なくないと思います。

 

8つのうるおい成分は、カサカサしてしまった肌にたっぷりのうるおいを届けて、滑らかに整えてくれる効果があります。

 

つるんとしたキレイな肌を取り戻すには、十分な保湿もとても大切。

 

イビサクリームは美白効果だけではなく、健康な肌を取り戻すための保湿ケアもばっちりです。

 

また、デリケートな部分だからこそ気になる刺激。

 

せっかくケアしようと思っても、肝心の化粧品から刺激を受けてしまっては意味がありませんよね。

 

イビサクリームは刺激の原因となる添加物を配合していないので、敏感肌や赤ちゃんでも安心できる処方です。

 

人によっては有効成分がアレルゲンとなることもありますので、どんな人でもアレルギーは起きない。といい切ることはできませんが、一般的に肌の刺激になりやすい添加物は全てカットしています。

 

私自身、様々なものにアレルギー反応を起こしやすい体質ですが、イビサクリームは刺激はまったくなく、ニオイやベタつきも気にならないクリームでした。

 

美白・美肌、両方の面でおすすめできるスキンケアクリームだと思いますよ。