デリケートゾーン ハイドロキノン

MENU

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは有効?

美白や黒ずみ対策を考えている方なら一度は耳にしたことのある「ハイドロキノン」。

 

古くから使用されている有名な美白成分になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみにもハイドロキノンが有効では?と考えたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

実際、高い効果を謳われていたり、定評のある美白化粧品にもハイドロキノンが含まれているものは多いですし、顔のシミやそばかすに効果があるのなら、デリケートゾーンの黒ずみにも効果的ではないか?と思いますよね?

 

そこで、デリケートゾーンの黒ずみに対策にハイドロキノンは有効なのか?

 

また、ハイドロキノンとはどういった成分なのかをまとめてみました。

 

ハイドロキノンの効果と副作用

 

ハイドロキノンは、元々化粧品として開発された成分ではなく、写真の現像などに使用されていた還元剤だそう。

 

現像に携わる人の肌が白いということから、美白効果があるのでは?と研究が始まったそうです。

 

アメリカなどでは古くからシミやそばかすの治療薬として使用されてきましたが、日本の化粧品に配合できるようになったのは2001年からと、まだまだ歴史が浅いものです。

 

それまでは皮膚科で処方してもらうことしかできませんでしたし、現在でもシミやそばかす肝斑の相談に訪れると、ハイドロキノンを処方してくれる皮膚科は多いと思います。

 

皮膚科では同時にレーザーなどでの治療も行われることも少なくないので、ハイドロキノンのみに頼るというわけではないかもしれません。

 

どちらにしても、ハイドロキノンが美白やシミ・ソバカス、肝斑への効果が高い成分であることは確か。

 

そう考えると、デリケートゾーンの黒ずみにもハイドロキノンは有効といえるかもしれませんよね。

 

ハイドロキノンの主な副作用

 

しかし、ハイドロキノンには問題点もあって、刺激が強いということと使用方法を誤ると白斑が起こると可能性があるということです。

 

ハイドロキノンの主な副作用は以下の通り。

  • 痒みが出る。
  • 皮膚が赤くなる。
  • 皮膚の炎症が起きる。
  • かぶれる。
  • ひりひりする。

こちらは、どんな化粧品でも合う方と合わない方がいらっしゃいますし、肌の弱い方は「この化粧品合わないかも」と感じる目安にする症状ですね。

 

ハイドロキノンは美白効果も強いですが、その分刺激も強い傾向があるので、肌の弱い方、特にデリケートゾーンへの使用はあまりおすすめできません。

 

皮膚の一部だけ白く色抜ける白斑

 

そして、もうひとつの問題が白斑。

 

ハイドロキノンを含む化粧品や治療薬にはハイドロキノンの濃度が大きなポイントになります。

 

濃度が濃いほど美白効果が高く、早く効果を実感できると考えられがちではありますが、濃度が高すぎると皮膚の一部だけが白く色抜けてしまったような状態になることがあります。

 

これが「白斑」と呼ばれる状態ですね。

 

以前大手の化粧品会社が、白斑被害を起こしてしまったことがありましたが、あのときに原因になった成分もハイドロキノンです。

 

焦らずじっくり時間をかけて取り組むのが美白の基本ですが、できるだけ早く綺麗になりたい。いますぐ効果を出したい。と焦る気持ちがこういった問題に拍車をかけてしまった部分はあると思います。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいえる効果的な美白成分ですが、刺激の強さと副作用が気になるところ。

 

また濃度によって効果の差はありますが、適切な濃度や使用方法には個人差があるので、ハイドロキノンを使用する場合には自己判断ではなく皮膚科医の指導のもとに治療するのがベストな選択だと思います。

 

 

デリケートゾーン専用のイビサクリームは安全?

 

いくら悩みが深刻、かつ美白効果が高いとはいえ、刺激や副作用の心配があるものをデリケートゾーンに使いたいと思う方は少ないのではないのではないかと思います。

 

では、デリケートゾーン専用に開発された黒ずみ対策クリーム、イビサクリームの美白成分は安全といえるのでしょうか?

 

イビサクリームの美白成分はトラネキサム酸。

 

トラネキサム酸は、抗炎症効果や抗アレルギー効果、止血効果に優れた成分です。

 

元々は美白目的ではなく、蕁麻疹やアレルギー、湿疹などの治療薬として使用されていたもの。

 

炎症や出血を止める効果も高いので、歯肉炎対策などの歯磨き粉に配合されていることも多いですね。

 

トラネキサム酸が美白やそばかす肝斑の治療に使用され始めたのは、1980年台に入る頃。

 

美白成分としての歴史も長いものです。

 

トラネキサム酸は元々が炎症やアレルギーといった肌トラブルの治療薬ですので、刺激が少なくアレルギーの心配が極めて少ないことが特徴。

 

皮膚科でも美白やシミ、肝斑の治療にトラネキサム酸を用いることも少なくはありません。

 

ハイドロキノンとトラネキサム酸メリットとデメリット

 

ハイドロキノンとトラネキサム酸メリットとデメリットを総括してみましょう。

  • 美白効果…トラネキサム酸<ハイドロキノン
  • 肌への刺激…トラネキサム酸<ハイドロキノン
  • 副作用の可能性…トラネキサム酸<ハイドロキノン
  • 使いやすさ…トラネキサム酸>ハイドロキノン

このように、美白効果だけに焦点を絞った有効性はハイドロキノンの方が高いといえますが、その分リスクも高くなる可能性はあります。

 

皮膚科医の指導のもとに治療を行うのでなければ、安全性ではトラネキサム酸の方が優秀といえるでしょう。

 

特に、デリケートゾーンの皮膚は腕や足などとは違い、粘膜に近い薄く柔らかい部位です。

 

ちょっとした刺激でも強く反応が出てしまう可能性もありますし、デリケートな部分だからこそ安心できるものを選びたいですよね。

 

イビサクリームは、美白成分のトラネキサム酸と保湿成分のグリチルリチン酸2Kを主軸に、美白をサポートしてくれる4種の植物成分が配合されています。

 

また、肌の負担になる5つの添加物も全てカット。

 

赤ちゃんにも使えるくらい優しいクリームですので、敏感肌の方でも安心してお使いになれます。

 

デリケートゾーンの黒ずみに関わらず、コンプレックスを感じている部分は強く意識をしてしまいがちです。

 

人から見ると「そんなに気にすることはないんじゃない?」と思う程度でも、自分では「気にしないでなんていられない!」と思ってしまうくらいひどい状態に感じてしまうことも多いですね。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、通常人目に晒されにくい部分だからこそ、悩みが深刻になってしまうのかもしれません。

 

デリケートゾーンの黒ずみを一刻も早く解消したいという気持ちは分かりますが、美白は一朝一夕で効果の出るものではありません。

 

毎日コツコツとスキンケアを積み重ねていくことが大切だと思いますよ。