出産後のデリケートゾーンの黒ずみ

MENU

出産後のデリケートゾーンの黒ずみが消えない!

妊娠をすると、デリケートゾーンやワキなどの色素が濃くなったり、顔にもシミができやすくなりますね。

 

お腹の真ん中にも正中線という縦線ができてしまったり、妊婦さんの体は妊娠前には想像もできなかった変化をします。

 

もちろん妊娠をすると色素が濃くなるという前知識はある方がほとんどだと思いますが、妊娠後にもこのまま黒ずみや色素沈着が残ってしまうのでは?と心配になる方は多いでしょう。

 

また、産後どれくらいで薄くなったり消えるものなのかが分らない。という方も少なくないかもしれません。

 

妊娠中のデリケートゾーンの黒ずみは、産前産後共通の悩みだとは分かっていても、自分だけが濃く残ってしまうのでは?と心配になってしまうこともあるでしょう。

 

そこで、妊娠に伴うデリケートゾーンやワキ・乳首などの黒ずみや色素沈着と、解消法があるのかをまとめてみました。

 

妊娠中や産後に黒ずみが濃くなる理由

気になるのは、自分以外の妊婦さんが、どれくらい黒ずみや色素沈着を経験しているのか?ということかもしれません。

 

そこで、妊娠中、大半の妊婦さんが色素が濃くなった。黒ずんだと。と感じた部位のデータを取ってみました。

  • ・陰部
  • ・乳首・乳輪
  • ・ワキ
  • ・お腹(正中線)
  • ・顔のシミ・そばかす

もちろん個人差はありますが、経産婦の方はほぼ間違いなく妊娠中・出産後にはこういった部位の黒ずみを経験されています。

 

妊娠中にデリケートゾーンなどがまったく黒ずまなかったという方を探す方が大変だと思います。

 

妊娠中にデリケートゾーンや乳首・ワキといった部位が黒ずむ原因は、女性ホルモンの働きによるものです。

 

妊娠中には女性ホルモンが増加しますが、増加した女性ホルモンは黒ずみや色素沈着・シミの原因であるメラノサイトを刺激してしまうため、色素が濃くなるというのが黒ずみの原理。

 

普段から紫外線対策をしっかりしているという方でもシミができやすくなったり、紫外線の影響が少なそうなデリケートゾーンが黒ずんでしまうのも、外的な刺激ではなく体の内部で変化が起こっているからなんですね。

 

メラニン色素の生成が特に活発になるのは妊娠中~出産後の一時的なものですし、妊娠期にはごく当たり前のことですので、黒ずみや色素沈着を心配することではありません。

 

出産後には少しずつ黒ずみは解消していき、出産前の肌色に戻りますから気にする必要はありませんよ。

 

妊娠中のデリケートゾーンの黒ずみや色素沈着は、お腹に赤ちゃんがいる証拠。とポジティブに捉えるのがいいかもしれませんね。

 

産後の黒ずみケアはどうしたらいい?

デリケートゾーンの黒ずみは出産後に濃くなるのでは?と心配されている妊婦さんもいらっしゃるようですが、そんなことはありませんので心配なし!と声を大にしていいたいです。
前述していますが、妊娠中・出産後のデリケートゾーンの黒ずみは、女性ホルモンの影響による一時的なものですので、少しずつ解消していくものです。

 

妊娠が判明した直後から、体の変化に自分自身がついていけずに戸惑ってしまうということも少なくないようですけれども、プレママなら誰でもあること。とゆったり構えているのが一番だと思います。

 

しかし、出産後どれくらいで黒ずみや色素沈着が解消するのかも気になるところですね。

 

産後すぐに元の肌色に戻るということはなく、時間を掛けて少しずつ薄くなるというのが一般的。

 

部位にもよりますが、先輩ママの声は以下のとおりです。

  • ワキの黒ずみは半年くらいで消えた。
  • バストは1年程度。
  • 気づいたら気にならなくなっていた感じ。
  • 産後3~4ヶ月だったと思う。
  • 断乳してから少しずつ戻った。

早い方だと3~4ヶ月。長い方だと断乳以降ということですから、1年以上は戻らなかったということになるでしょうか?

 

ワキや正中線などは比較的早く黒ずみが解消することが多く、長く授乳しているバストは黒ずみの期間が長いといえるのかもしれません。

 

一般的には授乳期間が終わるくらいが目安といいますので、産後数ヶ月から1年くらいかけてゆっくり黒ずみも解消していくものと考えておく方が良さそうですね。

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消は赤ちゃんの成長に比例するといえるでしょう。

 

基本的に、妊娠中・出産後のデリケートゾーンの黒ずみ対策に特別なケアは必要ないとされていますが、普段のスキンケアと同じように、刺激を与えない。乾燥・ムレには気をつける。過度の摩擦は厳禁。のようです。

 

妊娠すると体質が変わるという妊婦さんも多いですし、今まで刺激を感じたことのない化粧品が合わなくなった。など、肌が敏感になる場合も少なくありません。

 

妊婦さんは肌もデリケートになりやすいので、刺激を与えないことは大事。

 

また、出産後は慣れない赤ちゃんのお世話で忙しいこともありますので、ゆっくり自分の肌ケアをしている時間もありませんよね。

 

イビサクリームは、赤ちゃんにも使用できるくらい優しい黒ずみ対策クリームです。

 

もちろん赤ちゃんの口に入らないように心がけることは前提ですが、万が一舐めてしまっても害になる心配はありません。

 

刺激がなく安全であることももちろんですし、保湿も美白も一本で済ませることのできるオールインワンクリーム。

 

そして、全身どこにでも使えるという利点もあります。

 

プレママや忙しい新米ママのデリケートゾーンの黒ずみ対策はもちろん、普段のスキンケアにも大活躍してくれるクリームですよ。

 

最近では、一部のセレブやタレントさんは、大胆にマタニティーヌードを撮られることも少なくなくなってきましたが、さすがに一般人にはまだまだ浸透していませんよね。

 

それでも最近では、マタニティーフォトを撮られるご夫婦も増えてきて、プレママ・プレパパとお腹にいる赤ちゃんとの3ショットを記念写真にすることも増えてきているようです。

 

しかし、肝心の撮影日近くになると、正中線が目立ってしまって気になるという妊婦さんも少なくないのだとか。

 

また、女性特有。特に妊婦さんならではの悩みのため、旦那さんが黒ずみや色素沈着に驚いてしまって、夫婦喧嘩に発展するという笑えないケースもあるようですね。

 

ただでさえ妊娠中はナーバスになりやすく、デリケートな時期でもあります。

 

できれば心穏やかに限られた妊娠期を楽しみたいものですよね。

 

また、出産後に小さなお子さんがいてもオシャレなママが増えていますし、子どもがいてもいつまでもキレイでいたいと思うのが女心だと思います。

 

キレイなママは子どもの自慢でもありますが、かといって、子育ての手を抜いて美容に専念するのは疑問が残ります。

 

お子さんが自慢できるキレイで優しいママでいるためにも、時短を叶えてくれる万能なイビサクリームはおすすめアイテムですよ。