VIO脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみ

MENU

デリケートゾーンの黒ずみがVIO脱毛後に気になる!

VIO脱毛は自己処理よりもサロンやクリニックで施術を受けることが多いので、とても思い切りや勇気がいる部分でもありますが、勇気を出して行ったVIO脱毛後に、かえってデリケートゾーンの黒ずみが気になるようになってしまったということはありませんか?

 

小さなビキニやセクシーな下着を着こなすだけではなく、いつでもすっきり整えられている方が気分がいい。

 

また、女性には切っても切れない縁である生理中がとても快適。という理由から、VIO脱毛。ハイジニーナ脱毛をする方が増えてきています。

 

人から見られる、見られないに関わらず、ムダ毛ケアをきちんとしていることは、女子力の高さを感じさせるものでもありますね。

 

でも、せっかくキレイになるつもりでムダ毛の処理をしたのに、今度はデリケートゾーンの黒ずみ。という新たな問題に直面してしまった女性も少なくないんです。

  • VIOの脱毛をしたら、予想以上に肌が黒ずんでいてショック。
  • せっかく脱毛したのに、今度は色素沈着が気になって水着も下着も選べない。
  • ハイジニーナをしているだけでも驚かれるのに、黒ずみが隠せなくなってしまって遊んでいると思われてしまう。
  • 思い切ってVIOの脱毛を受けたのに、結局隠さなくちゃいけないのは前と変わらない。

などなど。

 

VIO脱毛の施術後、予想していた以上にデリケートゾーンが黒ずんでいて、ショックを受けてしまった。ムダ毛の心配はなくなったけれども、黒ずみに悩むようになってしまった。
こういった女性も決して珍しくはありません。

 

脱毛サロンやクリニックでの脱毛が黒ずみを悪化させたのでは?と思われる方もいらっしゃるようですが、脱毛が原因で黒ずみを作ってしまうということはほぼありません。

 

脱毛の施術が、まったく皮膚へ刺激や負担にならないということではありませんが、カウンセリングの段階で肌の弱い方は施術を断られてしまいますし、脱毛サロンやクリニックのレーザー脱毛は、黒いものに反応する性質を持っているので、黒ずみや色素沈着がひどい場合には脱毛そのものが受けられないんです。

 

つまり、施術を受けられた方は特に黒ずみや色素沈着がひどいということにはなりませんし、もちろん脱毛が原因で黒ずみが悪化するということもありません。

 

VIO脱毛後に黒ずみが気になる理由

 

では、なぜVIOの脱毛後に黒ずみが目立つようになってしまうという声が多いのでしょう?

 

ビキニライン・Iライン・OゾーンをまとめてハイジニーナやVIOと呼びますが、個人差はあっても発毛している部分になりますし、皮膚は薄く粘膜に近いデリケートな部位です。

 

デリケートな部位だからこそ、体毛で保護されているわけですが、現代女性にとっては重要ではなくむしろ厄介な存在ですね。

  • 水着や下着からはみ出す。
  • お手入れをしていないとだらしない感じがする。
  • 生理のときにムレたり汚れがつきやすい。
  • ノーケアだと、パートナーが嫌がる。

理由は色々あると思いますが、必要以上に濃いムダ毛はいらない。というのが多くの女性の感覚。

 

それでも日本はVIO脱毛後進国で、欧米ではティーンでもハイジニーナの処理は当たり前という風潮があります。

 

VIOのムダ毛処理の方法は様々ですが、自己処理で一般的なのはカミソリで剃る・毛抜きなどで抜く方法。

 

しかし、この場合は一時的な除毛ですので、ムダ毛が再生してくる度に頻繁なお手入れが必要になってきます。

 

永久に近い脱毛効果を求めるのであれば、脱毛サロンなどでのフラッシュ脱毛か、クリニックでのレーザー脱毛が多いでしょう。

 

人によって手段は違っても、VIOのムダ毛まったく処理していない。という女性はほとんどいないのではないでしょうか?

 

ここ数年で急速に進化してきている日本のVIO脱毛事情ですが、脱毛後にはムダ毛がなくなった分黒ずみや色素沈着が目立ってしまいやすくなります。

 

肌見せシーズンになると、スキンケアに手を抜けない。もう少し早くからケアをしておけば良かった。と後悔することに似ていますよね。

 

脱毛前には目立たなかった黒ずみも、隠すものがなくなってしまったら一目瞭然。ということです。

 

ツルンとキレイな肌を期待してVIO脱毛を受けたのに、黒ずみがひどくかえって恥ずかしい。

 

デリケートゾーンが黒ずんでいる=遊んでいる、という認識がまだまだ強いこともあって、VIOの脱毛前にはあんな下着や水着を着たい。と思っていたのに、黒ずみのせいで着たいものも着られない。

 

ムダ毛処理は面倒だったし、ムダ毛がはみ出すのはとても恥ずかしいけれども、黒ずみが見えてしまうのも恥ずかしい。

 

VIO脱毛を受けた女性の多くが、ムダ毛がなくなったからこそ、こんな悩みに直面しているんです。

 

脱毛をするならデリケートゾーンのケアもしっかり!

 

デリケートゾーンの黒ずみは、VIO脱毛とは直接の関係はありません。

 

施術を受けられた方はサロンなどから説明を受けていると思いますが、色素沈着が強いとヤケドしてしまうので、黒ずみのひどい場合は脱毛そのものができませんね。

 

ですから、人よりも黒ずみがひどいということはありませんし、脱毛で色素沈着がひどくなる心配もありません。

 

ただ、今まであったムダ毛がなくなったことで、黒ずみが目立つようになってしまっただけ。それだけのことなんです。

 

しかし、現実問題として脱毛後の黒ずみは目立ちやすいことは確かです。

 

原因として考えられることはいくつかあります。

  • 脱毛を受ける前にどんなムダ毛処理をしていたか。
  • 下着の締めつけや擦れることはないか。
  • 蒸れやすい素材の下着を着けていないか。
  • 入浴時にナイロンタオルなどでゴシゴシ洗っていないか。
  • 乾燥していないか。
  • 元々色黒ではないか。

乳首を含むデリケートゾーンは、元々持っているメラニン色素の影響を受けやすいので、黒ずみや色素沈着ではなく、本来の色が濃い場合もあります。

 

この場合は正直なところ美白ケアの効果はあまり期待できないでしょう。

 

それ以外、刺激や乾燥の蓄積や習慣が原因の場合は、適切なスキンケアで黒ずみを薄くすることもキレイな肌を取り戻すことも可能です。

 

脱毛の施術を受ける以前、カミソリなどで除毛をしていた方は、皮膚の角質まで削ってしまうためダメージが蓄積されていることがあります。

 

また、常に同じところにショーツのフチが当たっていたり、通気性の悪い下着を着けている。体を洗うときに力を入れすぎている。など、刺激を与えてはいないでしょうか?

 

刺激を受けて傷ついた肌は乾燥しやすいですし、色素沈着も起こしやすくなります。

 

まして肌が薄く柔らかいデリケートゾーンならなおさらですよね?

 

黒ずみの気にならないキレイは肌を取り戻したいのなら、こういった生活習慣に気をつけながら、肌の代謝を整え、黒ずみ対策に特化しているクリームを使用するのが近道です。

ブラジリアンワックスの脱毛サロンが開発したイビサクリーム

 

ブラジリアンワックスの脱毛サロンが開発したイビサクリームは、まさにVIO脱毛とその後悩みの甲斐性にぴったりなクリームです。

 

デリケートゾーン専用の美白クリームですから、肌に優しく刺激もなし。

 

乾燥してごわついた肌に潤いを与え、黒ずんだ皮膚の美白をサポートしてくれますよ。

 

黒ずみ解消は一朝一夕にはいかないので、時間をかけてケアする必要はありますが、ツルンとキレイな肌を取り戻すことも可能。

 

せっかく脱毛してムダ毛の悩みから開放されたわけですから、スキンケアもしっかり行って、お気に入りの水着や下着を着こなしてくださいね。